門下生 西嶌理一郎さんからいただいた声

人に気を使い過ぎて一歩踏み込んだ人付き合いが出来ない。
気持ちに余裕がなくて辛辣に人を評したりして後で後悔してしまう。
など、そんな弱い自分が嫌で心をもっと鍛えたい。という内面的な理由から入門させていただきました。

それから7年になりますが、実は真面目に毎週通うようになったのはこの10ヶ月くらいというかなり不肖の弟子なんです。

過去に酷い時は半年くらい休んでしまったことも多々ありました。
その時はさすがに気まずく、恐る恐る道場のドアを開けると館長はいつも「あら!いらっしゃ~い!!待ってましたよ~!!」といって満面の笑みで温かく迎え入れてくれ、そんな私の心を斟酌して丁重に教えてくださいました。
そういう先生なんです。
浩心館でなければここまで続かなかったとつくづく思っています。

先生だけでなく上級者の方々も皆、和敬でとても良い雰囲気を持っていらっしゃいます。

きっと技を交える事を通じて「和を以て貴しと為し…」みたいなものを習得されているのではないでしょうか。

私はまだまだ未熟ですが、物事を力でねじ伏せるのではなく優しく導くという合氣道の発想は私生活では大変役に立っています。

人生首尾ように生きて行くのはなかなか難しいのですが、これからも氣に合するの道を道しるべに鷹揚に歩いて行けるよう研鑽を積んで行きたいです。

- 西嶌理一郎さん -

西嶌 理一郎さん

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です