子供もひとりの武道家です

浩心館の子供クラスでは、大きな声できちんと挨拶ができることの大切さを、教え諭しております。

 

 『きみたちは合気道という武道をたしなむ以上、たとえ子供であってもひとりの武道家です。武道家として、知りあいや、お友だちのお父さん、お母さんに街中などで出会った時は、臆することなく、恥ずかしいという感情に打ち勝って、大きな声で元気よくあいさつしましょう! 社会にでると挨拶がしっかりできるかできないかで、出世や信用そして人生が大きくかわってきます。』

 

浩心館では、お稽古を始める前に、大きな声で元気よくあいさつできるか、ひとりひとりチェックを行います。最初のうちは背を丸めてモジモジしてた子も、だんだんと大きな声でできるようになります。

 

子供のうちから大きな声であいさつを習慣づけることで、思ったこともはっきりと発言できるようになれます。そして大きな声を出すのには背をまっすぐに姿勢が良くないと出せませんのでおのずと姿勢が良くなります。

 

さきざきの受験や就職活動での面接で、しっかりあいさつできれば、第一印象がよく、そして何か聞かれれば、はっきりと受け答えできる。

もうそこで人生が変わるのです。

 

お子様になにか情操教育を、とお考えの親御様、ぜひ一度、お子様とご一緒にお越し下さい。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です